薄毛の人たち
男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。このサイトではミノキシジルをはじめとした、様々なAGA治療に関する内容を記載していきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

リアップ成分パントテニールエチルエーテルとは

育毛剤として有名なリアップには、有効成分としてパントテニールエチルエーテルが配合されています。
この成分はビタミンB群の一種であり、育毛剤だけでなく化粧品などにも広く使用されています。
育毛剤として効果が高いとされるリアップシリーズには欠かすことのできない成分でもあります。

ところが育毛剤であるリアップに配合されていながら、パントテニールエチルエーテルは直接育毛効果を期待できるものではありません。
しかし育毛に大切な土台を作るのに必要な成分なのです。
野菜を育てるのには豊かな土壌が必要であるのと同じで、健康な髪の毛を育てるには頭皮がまず健康でなければなりません。
パントテニールエチルエーテルは頭皮を乾燥から守り保湿する作用があります。

肌の乾燥の大敵といえば紫外線ですが、頭皮はてっぺんにあるためにどうしても紫外線を浴びやすい部位です。
実は紫外線だけでなく、ストレスや睡眠不足・食生活の乱れも頭皮を乾燥させる原因となります。
保湿力が足りない頭皮からは髪の毛がうまく生えることが出来ないため対策が必要なのです。

頭皮は皮脂やほこりといった条件によって雑菌が繁殖すると炎症を起こすことがあります。
パントテニールエチルエーテルには炎症を抑える働きがあり、フケやかゆみを予防することが出来ます。

その他にもパントテニールエチルエーテルには細胞分裂を活性化させる働きがあります。
毛髪を生成する毛母細胞にもその効果は影響を与えると期待されており、育毛効果自体を補助する役割があるとされているのです。

リアップシリーズは有効成分を水に溶かした医薬品です。
パントテニールエチルエーテルは水溶性ビタミンであるためにとても水に溶けやすいという特徴があります。
そして水に溶けた有効成分は皮膚から吸収されやすいというメリットもあります。
直接育毛効果のある成分を皮膚に吸収させやすくするといった目的もあり、リアップシリーズに配合されているのです。

リアップはどんな薬局でも買えるの?

育毛剤として唯一第一類医薬品に分類されるリアップシリーズは、薬局で購入することが可能です。
ただし薬剤師による説明が必要であり、店頭で手に取ってそのままレジに行くということは出来ません。
病院で医師に処方してもらう代わりに、薬剤師によりきちんと説明を受ける必要があるからです。

第一類医薬品の定義とは、薬を服用することでなんらかの副作用が生じて、健康被害を受けてしまう可能性が高いと危惧されている医薬品を指します。
第一類医薬品を使用するという事は有効成分の効き目の高さを実感することが出来ますが、その反面副作用のリスクは避けることが出来ないのです。

ほとんどの育毛剤は医薬部外品に該当します。
脱毛の防止や育毛に何らかの改善、もしくは予防効果が期待できるものと定義されています。
ただし医薬部外品の効果は即効性はなく緩やかであると言われており、効果を期待するのであれば第一類医薬品の方が高いと言えるのです。

第一類医薬品であるリアップはどんな薬局でも購入できるというわけではありません。
薬剤師と面談する必要があるからです。病院の処方箋による調剤を行っている薬局では薬剤師が当然います。
ところが最近のドラッグストアは営業時間が長く、夜遅くまで営業しているドラッグストアも少なくありません。
ただし、こうした夜間も営業しているドラッグストアでも、調剤できる時間には制限があります。

いくら昼間に薬剤師がいる薬局でも、夜間など不在である場合にはリアップを購入することは出来ないのです。
薬剤師との面談では、チェックシートなどで販売に問題がないか購入希望者と対話によって確認を行います。
こうした面談を手間に感じたり恥ずかしく感じたりする人も少なくありませんが、面談を行わないと購入することが出来ません。
そのために、あらかじめインターネットなどでセルフチェックシートを手に入れて記入しておくことで、面談の時間を減らすことが出来ます。

関連記事はこちら