薄毛の人たち
男性なら一度でも悩んだことがあるであろう薄毛。薄毛にもいろいろありますが、最も一般的な薄毛はAGAでしょう。このAGAの悩みを解決するために、ミノキシジルとう成分は非常に有効になってきます。このサイトではミノキシジルをはじめとした、様々なAGA治療に関する内容を記載していきます。AGAの悩みを抱いている人は一度ご覧ください。

ジェネリックのフィンペシアと先発医薬品の違い

フィンペシアとは男性型脱毛症であるAGAの治療薬のこと。プロペシアのジェネリック医薬品とされていますが厳密には異なります。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで特許が切れた薬を別の医薬品会社が作ったものをいい、開発費などがかからないため比較的安い値段で購入することができるというメリットがあります。
プロペシアの特許はメルク社がもっており、特許が切れるのは2019年とされています。

フィンペシアの製造会社のシプラ社はインドにあります。
インドは医薬品の特許条約に加盟しておらず、物質特許を認めないという方針を定めています。
薬は単純な構造をしているため物質特許がなければ簡単に複製が可能です。
そのためインドでは特許期間であっても安い金額で先発医薬品と同じ効果がある薬のプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアが製造可能となりました。

フィンペシアは先発医薬品であるプロペシアと同じ成分を主成分にしている薬です。
この成分は薄毛の進行を妨げる5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンの融合を妨害する働きがあります。
配合されている量はどちらも1mgと変わりません。
ジェネリックは先発医薬品と同じ効果・効能をもっていることが条件となっているのでプロペシアと同様の効果を得ることができます。

フィンペシアは1錠あたり安い場合で約23.8円で購入することができます。
クリニックなどで購入できるプロペシアは1錠250円程度で販売されているため安く購入できます。
購入方法は通販が一般的ですが中には怪しげなサイトもありますので信頼のおける場所から購入することが大切です。

厚生労働省の指導により個人輸入医薬品は容量・用法からみて最大1ヶ月分のみが購入可能となっています。
それ以上の薬を購入が可能なサイトは避けたほうが良いといえるでしょう。
専門調査会社に成分鑑定を依頼している通販サイトなどを利用してみてはいかがでしょうか。

通販で買ったフィンペシアで副作用が出た場合どうする

フィンペシアは通販で購入することが可能です。
通販で買ったフィンペシアで副作用と思われる症状が出た場合には早めに医者に相談するようにしましょう。
医者にかかるときには飲んでいた薬を持っていくことをおすすめします。
かかりつけの病院か、AGAを専門にしているクリニックなどに電話でまず対応しているか聞くとスムーズです。

フィンペシアの副作用として有名なものでは性欲減退や勃起不全(ED)・肝機能障害などがあげられています。
因果関係は不明とされていますが海外の使用例では乳がんのリスクがあることが確認されています。
男性であっても乳がんにかかることはありますので違和感が出ているときには医者に相談するようにして下さい。

その他の副作用としては蕁麻疹や発疹・抑うつ症状やめまいなどがあげられます。
またこの薬は胎児の生殖器に異常をもたらすおそれがあるため妊娠中やその可能性がある方が触れるのは厳禁です。
成分に触れてしまった場合には医者に相談するようにしましょう。

パートナーがいる場合や親族、職場に妊娠の可能性がある方がいる場合には使用に十分に気を付けるようにしましょう。
微量ではありますが精液の中にも薬の成分移行することがありますので家族計画がある場合には使用を避け、他の治療薬を使用するなどの対策をとることをおすすめします。

フィンペシアは日本において未認可薬であるため万が一重篤な副作用がでたとしても訴訟が起こせないケースもあります。
不安な方は専門のクリニックなどで相談し他の治療薬を選んでも良いでしょう。
安く購入できるというメリットはありますが、様々なリスクがあることをふまえたうえで用法を守って使用するようにし、副作用と思われる症状が出た場合には早めに医者に相談するようにしましょう。

関連記事はこちら